2019年10月8日(火)/ その他

超大容量のモバイルバッテリーを探していたらちょうど Amazon タイムセールがあったので購入してました。
噂通りのモンスター級のモバイルバッテリーだったので紹介します。



スポンサーリンク

購入したモバイルバッテリー

今回購入したモバイルバッテリーは HYPOWER という中国メーカの製品です。
似た商品も多数あるので OEM でしょう。

単品で見るとそんなに大きくは見えませんが、サイズと重量は以下の通りかなりのものです。
最近の大き目のスマホの厚みを2倍くらいにしたようなサイズ感です。
重量はペットボトル飲料くらいもあるのでもってみるとかなりズッシリ来ます。

  • サイズ : 172 x 82 x 20 [mm]
  • 重量 : 450g

中国製品らしく無駄な梱包や付属品はなく好印象です。
外箱の中には本体と充電用の microUSB ケーブル、取扱説明書のみです。

取扱説明書には日本語の他、ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語、英語の記載があります。中国語はありません(笑)

写真では表面に皮が貼られているように見えますが、全てプラスチック製です。縁の紐に見えるものもプラスチックで一体成型です。
汚れが付いた時に簡単に拭き取れるのでいい仕様だと思います。

この商品の特徴でもある残量表示はパーセンテージで示されるのでなかなか便利です。
但し、25% 以下は思っているよりも早く減っていくように感じるので注意が必要かもしれません。

ちなみにですが、満充電 (100%) から4日放置して自己放電は 2% (98% まで減った) でした。
思ったよりは自己放電が少ないですが、1ヶ月以上使わなかった時は残量チェックをしてから持ち出しましょう。

出力端子は USB-A タイプが2本出ています。
片方が 5V / 2.1A の急速充電に対応していますが、他方は 5V / 1A と急速充電はできません。

残量表示を上に見た時に左側が急速充電対応で右側が非対応です。
USB 機器を接続すると 5V / 2.1A か 5V / 1A か表示されるので急速充電する場合はよく確認して下さい。

真ん中の microUSB が充電端子になっているのでここから充電を行います。こちらは最大 2.1A なので満充電にはかなり時間が掛かります。
Android スマホの付属充電器 (5V / 1.5A) を使って0%から100%まで充電したら丸一日近く掛かりました。(計算上、17時間程度)
余裕をもって充電しましょう(笑)

商品リンク

似た商品があるので私が購入した商品リンクを以下に貼っておきます。
色は赤黒と黒一色がありますが、在庫切れしている時があるようでどちらかしかない時もあります。

まとめ

以上、超大容量のモバイルバッテリーの紹介でした。

外出先でスマホの充電が切れてしまう心配から解消されますので、ぜひ一台は持っていると便利です。
災害対策としても役に立つかもしれませんし迷っているならおススメですよ。

SONY の一眼ミラーレスカメラのように USB 給電しながら撮影できるカメラなら長時間のタイムラプス撮影などにも使えそうです。
αシリーズの NP-FW50 なら5本分以上、NP-FW100 なら2~3本分以上と大容量なので安心です。

入力したメールアドレスは公開されません。


以下のタグが使用可能です :
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>



このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください