The Latest Posts

【中華製ストロボ】TT600sとX1T-sを使ってみたので使い方とサンプル写真をまとめます

抜粋

先日購入したストロボ「Godox Thinklite TT600s」を使ってみました。 なので、使い方などをまとめていきます。 [blogcard url="https://analogstd.com/photography/get-tt600s-x1ts/"]夜間の室内撮りでこんな設定で撮れるとは便利すぎです。。。 もっと早く買えば良かったと後悔しています。 カメラ設定 : f/6.3 1/160sec ISO100 TT600s設定 : 1/8 + 0.3 照射角20mm ソフトボックス有り 基本操作 まずはストロボ本体です。 操作画面 操作画面は以下のようになっています。 かなりシンプルで私には必要十分でした。 赤色のボタンがテスト発光ボタンになっています。 また、このボタンが消灯している時は充電中で発光できません。 (フル発...

【理論的に】パンフォーカスする為のピント位置と絞り値について【計算してみた】

抜粋

先日、ボケ量の計算式について投稿しましたので、ボケ表現とは対極にあるパンフォーカスについて考えていきます。 一般的に、パンフォーカスと言えば写っている範囲全てにピントが合って見えることですが、例えば集合写真で前の列と後ろの列の全ての人の顔にピントが合うようにしたいという場合にも応用できます。 以下の写真は、f=30mm、f/9.0 でパンフォーカスを狙っています。 手前の岩までがおよそ5mで奥の滝までがおよそ50~60mほどです。 計算上、長辺が2400px (ブログ用に縮小) なので許容錯乱円はおよそ9.79umになるので、ピントを9.2mにしてf/8.4以上でパンフォーカスが得られます。 [mathjax] パンフォーカスとは? パンフォーカ...

【中華製ストロボ】TT600sとX1T-sを買いました!

抜粋

こんにちは。 先日、ストロボが欲しいという記事を投稿しましたが、今回は買ったよという記事です。 [blogcard url="https://analogstd.com/photography/speedlight-selection/"] まだ全然使っていませんし、ストロボ初心者なのでレビューは後ほど書きます。 この記事では、梱包状態や付属品、電池について書きます。 とりあえず、安い中国製品だとは思えないほど造りがしっかりしています。 間違いなくオススメ製品と言えそうです! 以下、購入したもの (電池や充電器含めて) を紹介しながら書いていきます。 ストロボ Godox Thinklite TT600s まずは、ストロボ本体です。 [amazonjs asin="B071RGCRZ4" locale="JP" title="GODOX Thinklit...

【フルサイズがボケやすい!?】焦点距離と絞りのボケ量との関係を理論的にまとめました!

抜粋

写真撮影に於けるボケ・・・なんとなく良い雰囲気が出て「一眼のイイカメラで撮ってるぞ!」という感じがするアレです。 一眼レフやミラーレスを使っている皆さん好きですよね?もちろん私も好きです。 でも、なぜ背景 (前景) がボケるのか理論的で数式を用いた定量的な説明をweb上で見たことがありません。 そこでこの記事ではボケの原理と理論式からボケ量を計算していこうと思います。 理屈を理解しているとどんなレンズが必要か判断できるようになってきます。 [mathjax] ボケとは? 端的に云えば「ピントの合っていない場所」のことを指します。 ピントは "面" ですので、"ピント面" から外れているということです。 背景がボケている...

LTSpice使い方講座「.ic / startup」初期値の設定方法

抜粋

今回は初期値を指定するコマンドについての説明です。 不具合解析や電源立ち上がりでの動作を確認したい場合などに有効です。 また、発振回路などで初期信号を与える必要がある場合にも使います。 (現実の回路では抵抗や半導体の雑音がトリガになったりしますが、シミュレータはある意味で理想的な解析を行う為) 初期値の設定方法 初期値の設定方法には大きく2つあります。 それが、コマンド「.ic」とtran解析オプションの「startup」です。 .icコマンド 任意の接点に対して初期電圧を与えることができます。 また、コイル (インダクタ L***) に対しては初期電流を指定できます。 書式は以下の通りです。 .ic V(接点名)=初期値 ; 接点名...

ストロボが欲しい!α6300用に色々調べてたら中国メーカが凄すぎました

抜粋

最近、すごく欲しいものがあります。そう、外付けストロボです! メーカによっては "スピードライト" などとも呼ばれていますよね。 今回はストロボを購入するにあたって、安価で購入できるものにどんなものがあるのか調べてみました。 個人で使う分には中国メーカのストロボがコスパ抜群そうです! ストロボ選びのポイント では早速どんなポイントがあるか見ていきます。 発光量 (ガイドナンバー) フラッシュは光を被写体に当てるものです。 その中でガイドナンバーは "ISO100、被写体までの距離1mの時の適正露出となる絞り値" と定義されます。 実際のストロボではこれに光の拡散を表す条件が付きます。 レンズの焦点距離と意味合いは...

一度は行きたい日本の絶景「寸又峡温泉 夢の吊り橋」と近くの珍景「奥大井湖上駅」!

抜粋

絶景好きの方は一度は聞いたことがある「寸又峡温泉 夢の吊り橋」の紹介です。 GWにご家族や恋人と行かれるのも良いのではないでしょうか? ここは、とても幻想的なエメラルドグリーンやコバルトブルーの湖面に吊り橋が掛かっています。 まさか日本にこんな場所があるなんて思いもしていませんでした。 また、近くには「奥大井湖上駅」という珍しい駅があるのでそちらも簡単に紹介します。 ちなみに私はこれまで夢の吊り橋に3回も行ってしまいました(笑) 夢の吊り橋ってどんな場所?写真で確認! 言葉で説明するよりも、まずは写真をどうぞ! とてもキレイな色ですよね!周りの深い山とも良く合います。 GWや紅葉シーズンは激混み (1~2時...

150年ぶり!1月31日の皆既月食は「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」でした!

抜粋

昨日は3年ぶりの皆既月食でしたね! 皆さん見られましたか? 静岡県西部は日没ごろまで薄曇りだったのが、欠け始め~完全に欠けるまではスッキリ晴れてキレイに見ることができました♪ 今回は152年ぶりといわれる「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と世紀の大イベントですので、撮った写真を紹介します 皆既月食の写真 望遠レンズが無いのでガッツリとトリミングしています 撮影機材は、以下です トリミングは6000×4000を1080×1080まで拡大しているので、約472mm相当です 大きく写すにはフルサイズ換算で1000mm以上は欲しいですね  ・カメラ : SONY α6300 (APS-Cセンサー)  ・レンズ : SONY SEL85F18 (フルサイズ換算 127.5mm) 望...

DC/DCコンバータのマイナーループ負帰還の効果と考え方

抜粋

今日はDC/DCコンバータに於けるマイナーループでの負帰還についてです 負帰還 (NFB) は回路全体に掛ける「オーバーオール (メジャーループ) NFB」と局所的な部分に対して掛ける「マイナーループNFB」に大別されます オペアンプに代表されるアナログICでは、それを使う設計者は、オーバーオールのNFBしか意識していない (する必要がない) 場合が殆どです そこで、マイナーループで負帰還を掛けることでどんな作用があるのか、その効果と考え方をまとめます その中でも私が最も良く効果が見えると考えているDC/DCコンバータを例に挙げて解説します 本記事では、LTSpiceを用いて説明するので実際に定数等いじって遊んでみると面白いと思います ...

ダレノガレ明美さんが炎上した「CANON 5D Mark IV」ってどんなカメラ?カメラ選びの観点から考えてみました!

抜粋

1月中頃にモデルでタレントのダレノガレ明美さんが一眼レフを買ったとツイートしたところプチ炎上騒ぎが起きました 買ったカメラはCANONの「EOS 5D Mark IV」というフルサイズ機です どんなカメラなのか? なぜ、批判する人が居たのか? そこのところを見ていきましょう 公式プロフィールより 見とれるほどの美人ですね。。。 ダレノガレ明美さんとは? 皆さんご存知のように、モデル兼タレントをされています 日系ブラジル人の父親とイタリア人の母親をもつハーフです とても美人で礼儀正しい方ですよね TVのバラエティ番組では「タメ口キャラ」としても有名(笑) あくまで "キャラ" 作りなので私生活は敬語だそうです ぶっちゃけトーク...

大寒波襲来!雪山に車で行く前に確認したいこと

抜粋

先週から日本中が寒波に襲われていますね そこで、普段あまり寒くない地域から雪山に行く場合に事前に確認したいことをまとめました 準備をしっかりして安全に雪山を楽しみましょう♪ まずは駆動方式を確認しよう いわゆる、FF (フロントエンジン、フロント駆動) や FR (フロントエンジン、リア駆動)、4WD/AWD (四輪駆動) というヤツです ご自分の車がどの駆動方式が把握している方はそれぞれの特徴までお進み下さい 自分の車の駆動方式が分からない場合の確認方法 1つ目は、車検証に書かれている車両の型式を各メーカのHPなどで検索する方法です 私は "グーネット" さんのカタログが他メーカどうしでも横比較できるように同じ項目名で...

Sigma製「16mm F1.4 DC DN | Contemporary」の性能データが出たので光学性能を考察してみました

抜粋

2017年11月に発売されたSigma製「16mm F1.4 DC DN | Contemporary」の性能データが LensTip.comさん に2018/1/22付けで公開されましたので、データを元に光学性能を考察していきたいと思います 該当ページは "Sigma C 16 mm f/1.4 DC DN" です 結論から言えば、周辺に若干の像流れがありますが非常に優れた解像度のレンズです Sigmaの製品ページも参考にして下さい [amazonjs asin="B077BWD2BB" locale="JP" title="シグマ SIGMA 16mm F1.4 DC DN※ソニーEマウント 16MMF1.4 DC DN C SE"] 解像度 Sigmaと言えばキレのある解像度が売りなので、解像度から見ていきましょう 引用:https://www.lenstip.com/522.4-Lens_review-Sigma_C_16_mm_...