Synology DS220j の読書速度を測定しました。遅いけど必要十分です!

先日、組立同期設定を行った Synology の NAS 「DS220j」の設置や運用が一通り終わったので読書速度を測定しました。
例により、ネットワーク速度に縛られないようddコマンドによる純粋な RAID ストレージとしての速度です。

DS420+ は、DSM 7.0 にアップグレードしたことで RAID6 という不利な条件でも HDD 単体よりもかなり高速に読み書きできることが分かりましたが、DS220j はどうでしょうか?
では、早速測定結果を確認してみましょう!

DS420+ の測定結果は以下の記事にまとめています!めっちゃ速いです!

ストレージへの読書速度の測定方法

DS420+ と同様にネットワーク速度に縛られないよう、NAS 内部での速度を測定します。
NAS への読書速度は内部の速度の上限とネットワーク速度の上限のどちらか遅い方に縛られます。
(DS220j の場合は 1GbE が1本しかないので最速でも 1Gbps = 125MB/sec です)

測定方法は、SSH で NAS にアクセスしてddコマンドというものを使ってシーケンシャル速度を計測します。
以下の方法は DS420+ の記事にも書きましたがそのおさらいです。

書込速度の測定コマンド

書込速度は以下のコマンドを使用しました。

$ sudo dd if=/dev/zero of=/volume1/benchmark.test bs=64K count=32K conv=fdatasync

sudoは管理者権限で実行することを表します。
常に0が出力される/dev/zeroから/volume1/benchmark.testファイルに書き込みを行います。ファイルサイズは 64kB × 32k 回 = 2.0GB です。
conv=fdatasyncで実際にデータをストレージに対して書き込みを行います。

SSH で接続してコマンドを入力したところ

読込速度の測定コマンド

読込速度は以下のコマンドを使用しました。

$ sudo dd if=/volume1/benchmark.test of=/dev/null

入力ファイルは、書込速度のテストで作成した 2.0GB のデータです。
出力に/dev/nullを指定して読み出したデータをすべて捨てています。

ストレージへの読書速度の測定結果

では、以下に測定結果を示します。

どちらも DSM 7.0 で IronWolf 8TB x2 で RAID1 を組んでいる状態です。

DSM7.0 / RAID1

DS220j に使用している Seagate IronWolf は、NAS 用の HDD で高信頼性 & 高速です。
メーカスペックで最大 210MB/sec という速度です。

また RAID1 (ミラーリング) では、通常、書込速度は HDD 単体と変わりませんが、読込速度は HDD の台数分速くなります。(それぞれの HDD からデータを少しずつ読み出せるため)

しかし、DS220j は CPU が非常に貧弱な為か HDD 単体の読書速度にすら達しない速度しか出すことができませんでした。
廉価版 NAS なので仕方がないですね。こればかりは仕方がないです。

また、DS420+ では読出しの際にはキャッシュが効いているような感じで 2GB 程度のファイルなら非常に高速で読み出せましたが、DS220j ではそのようなことはありませんね。
この辺りもキャッシュを省略していると思われますので、各処理が重い原因はキャッシュがない影響もありそうです。

書込速度:133.0MB/sec (5回平均値)

  1. 131MB/sec
  2. 134MB/sec
  3. 129MB/sec
  4. 135MB/sec
  5. 136MB/sec

読込速度:133.8MB/sec (5回平均値)

  1. 135MB/sec
  2. 137MB/sec
  3. 128MB/sec
  4. 130MB/sec
  5. 139MB/sec
DSM7.0 / RAID1 / Write
DSM7.0 / RAID1 / Read

しかしながら、ネットワークアダプタが 1GbE で最速でも 125MB/sec しか出ないので必要十分な読書速度があることが分かります。

もし、速度を求めて IronWolf などの NAS 用の HDD を選択するなら DS220j ではなく DS220+ などを選ぶべきでしょう。
HDD が決まっていないなら DS220j には WD Blue などの方がいいでしょう。
私が DS420+ 用に使った WD Blue 4TB などいいかもしませんね。(型番が WD**ERAZ は SMR なので避けるのが無難です)

まとめ

以上、DS220j の読書速度を測定してみた結果でした!

内部速度は全然速くないですが、必要十分な速度が出せることは分かりました。
うまいことギリギリの性能の CPU を選んでいるんだな~と感心してしまいました。

DS420+ の測定結果は以下の記事にまとめています!
さすが上位機種だけあってめちゃめちゃ速いです!DSM 7.0 へのアップグレードで RAID6 でもかなりの速度で読み書きが可能です。
(こちらの記事は4ベイの NAS なので、RAID1+0 / RADI5 / RAID6 と比較しています)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください