XHRにおけるCORSとpreflightについてまとめた記事を書きました

Javascript の XHR や fetch を使った他ドメイン (正確にはオリジン違い) への非同期アクセスを行う上で受信側のサーバの設定などを調査しまとめました!

CORS (Cross-Origin Resource Sharing) や preflight リクエストの処理について調べる機会があったので備忘録と情報共有を兼ねた記事となります。

一番伝えたかったことは、CORS や preflight で必要なヘッダはサーバソフト (Apache など) で返す必要はない!ということです。
これまでは .htaccess に対応する処理を書いて対応していましたが、サーバサイドプログラム (PHP など) を使ってヘッダを返せることが分かったので非常に楽になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください