一眼レフ・ミラーレスの交換レンズ選びに役立つサイト紹介

一眼レフやミラーレスのカメラを持っているとレンズ欲しくなりますよね
そこで色々調べると思います
そんな時に役に立つ (私がいつも見ている) サイトを紹介したいと思います




どんなレンズが欲しくなるのか

レンズが欲しくなるのは次のような時だと思います
 ①現在所有しているレンズでは撮れない領域 (広角・望遠やマクロなど) を撮りたい時
 ②現在所有しているレンズの性能 (ボケ感や解像度、色収差、歪みなど) に限界を感じた時
 ③写真を見て描写に一目惚れしてしまった時

①は分かりやすいですよね
例えばキットレンズしか持ってなかった場合、鳥や動物を撮りたいとなったら望遠レンズが、星空を広く写したければ超広角レンズが、虫や小物をできるだけ大きくしたければマクロレンズが必要になってきます
特にマクロ領域は普通のレンズ (マクロ以外のレンズ) だとコンデジやスマホに比べると全然寄れないので不満が出やすいかもしれません

②の中でもボケ感は割とある悩みではないでしょうか?
キットレンズでは開放F値が高く標準画角なのでボケボケの写真を撮ることはできませんので、開放F値が低いレンズや望遠レンズが必要になります
それ以外にも暗い場所での撮影が多い方も低い開放F値のレンズが有利です

③こればかりは仕方ありません
是非、惚れ込んだレンズを手に入れてガンガン撮って下さい♪



次は、どうやって欲しいレンズを探していくのか

最初はお使いのカメラメーカの純正レンズから先の要望に合うレンズを探すことのが良いでしょう
とりあえずここでは予算と相談していくつか候補を出しておきます

また、純正でないレンズもいくつかのサードパーティから発売されています
サードパーティ製は純正でないのでボディのAF性能がフルで発揮できなかったり外観が合わなかったりしますが、何よりも純正に無いラインナップがあり価格も安いことが多いです
以下にサードパーティを数社記載するので参考にして下さい

  • SIGMA 高解像に定評のあるレンズが魅力のメーカです!
  • TAMRON ズームレンズといえばこちら!
  • 中一光学 SpeedMasterシリーズは開放F値が低くF0.95というものまであります!
  • Tokina フィルターでよく見ますがレンズも作っています
  • Samyang 韓国のメーカで面白い製品が安価で入手できます♪
  • YOUGNUO コピー品といった感じですが、とにかく激安です!

上記以外だと、マウントコンバーターというものでマウントを他社マウントに変更するアクセサリを購入すれば他社製のレンズも選択肢に入ってきます
特にSONYのEマウントはミラーレス用のマウントとして設計されていているのでミラー有りを前提として設計されている各種マウントから簡単に変換できるので選択肢が非常に広いです



レンズ選びで役立つサイト情報

では、本題のレンズ選びで参考になるサイトを紹介していきます

フォトヨドバシ

レンズのことを調べていくと必ずと言っても良いくらい行きつくサイトです

↑左の方のレンズメーカを選ぶと一覧が見れます

かなり多くのレンズの作例が見れるのでどんな画が撮れるのか確認できます
ただ、どのレンズの写真も良いので逆に迷ってしまうかも…(笑)


DxO Mark

こちらはレンズを横比較できるステキなサイトです!
それも独自の計測結果を基に数値で比較できるのが素晴らしいです

https://www.dxomark.com/Lenses/Compare/Side-by-side/ ←ここから比較するページに行けます

比較ページではメーカをプルダウンメニューから選んでレンズを選択して「VIEW COMPARISON」をクリックすると比較結果が表示されます



まとめ

以上、レンズ選びで役に立つと思うサイトの紹介でした
参考になればと思います


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください