CHUWIの「CoreBox Pro」を購入!DeskMini並みの超小型PC!

みなさまご無沙汰しております。約4か月ぶりの投稿です。

ありがたいことに本業の Web 制作事業のお仕事が夏ごろから立て込んでおりブログにまで手が回りませんでした。。。
本当は持続化給付金で買ったディスプレイの紹介とか DeskMini A300 に Ryzen 3200G のリテールクーラを組込方法とか色々書きたいのですが、下書き状態で溜まっています。

さて、そんな中、この2020年11月に発売開始した CHUWI の「CoreBox Pro」という組み立て済みの超小型 PC を購入したのでスペック等を確認していきます。
もう週明けには配達されるのですが、まずはこの商品の魅力やスペックや購入方法などをまとめたいと思います。

(2021/03/28 追記)
ようやく開封してレビューしました!

CoreBox Proは魅力的なスペックの低価格な超小型PC!

まずは CoreBox Pro がどんな製品か紹介していきます!

超小型で置き場所も困らない!見た目にもスタイリッシュで魅力的!

最大の特徴はなんといってもその小型な筐体設計にあります。
ASRock の超小型 PC ベアボーンキットの “DeskMini” シリーズと殆ど同じサイズに豊富なインターフェイスを備えた PC に仕上がっています。

金属筐体でこの角ばった造形はなかなかに興味を惹かれます。これだけで買う価値があります!(笑)

CHUWI – CoreBox Pro

写真だけ見ると大きそうなイメージですが、背面のインターフェイス類の大きさと比べるとその小ささが想像できると思います。

項目CoreBox Pro 寸法 DeskMini 寸法
173mm155mm
高さ73mm80mm
奥行き158mm155mm
CoreBox Pro と DeskMini のサイズ比較

上記に CoreBox ProDeskMini との寸法を比較しました。

CoreBox Pro の方がちょっと前の Mac Pro みたいな取っ手 (?) があるぶん大きいですね。厚みは少し薄くてスタイリッシュです。
DeskMini は以前記事にもまとめていて500mlのペットボトルと大きさを比較しているので以下の記事を見てもらえれば大きさのイメージが付くと思います。

スペックが絶妙に良い!メモリが12GBもあるのでオールマイティに使える!

スペック的にこれといった派手なものは一切ありません。
しかし、必要にして十分なスペックを持ったパーツ選定が光ります。

最初に気になる CPU は、Core i3-1005G1 というものです。Core i3 なので物足りないのでは?と思われるかもしれませんが、最新世代の CPU で性能も存外に良いです!

詳細はググったり https://www.cpu-monkey.com/ja/cpu-intel_core_i3_1005g1-938 をご確認下さい。

項目スペック備考
コア数2C / 4T
ベースクロック1.2GHz
ターボブースト3.4GHz
消費電力15W
Cinebench R15single 158cb / multi 409cb ベンチマーク結果
Cinebench R20single 402cb / multi 949cbベンチマーク結果
3DMark TimeSpy400程度ベンチマーク結果
Core i3-1005G1 の基本的な性能

コア数は2でスレッド数は4です。マルチスレッド性能は決して高くないですが、一般的な動画視聴やブラウジングなどはシングルスレッド性能が高ければ快適です。

ここで Cinebench R15 のシングルスレッド性能を見てみましょう。
158cb というなかなか良い数値を叩き出しています。

これは私が普段使用しているノートパソコンの Lenovo S540 (14, AMD) の Ryzen 3500U と比較しても優位な性能です。(マルチスレッドは4C/8T の 3500U が有利)
シングルコア性能が 143cb の 3500U でもフル HD (1980 x 1080) の動画視聴は全く問題ありませんし、普段使いで性能不足は感じたことがありません。

内蔵グラフィック性能は 3DMark の TimeSpy というかなり重たいベンチマークで約400点弱のようです。(Google 検索情報)
これはノートパソコンのコスパ重視の定番 CPU である i5-8250U と同程度です。3D ゲーム以外で不足はないでしょう。4K 出力も可能です。
※ Ryzen 5 3500U は900点ほどになります。

次にメモリです。個人的には一番気になるポイントです!
ブラウザでタブをたくさん開く癖 (タブにアイコンしか表示されない程度) があるのでどうしてもメモリが多く必要になります。
Photoshop や Lightroom などのクリエイティブ系ソフトもメモリ食いなので CPU 性能を活かすには十分なメモリがあった方がいいです。

CoreBox Pro ではちょっと半端ですが 12GB というメモリをはじめから搭載してくれています!これは嬉しい!
(ノートパソコンは 8GB から 12GB に換装して使っています)

12GB あればこの程度の性能の CPU で行う作業にはちょうどいいと思います。
16GB くらいまではあってもいいですが、使うことは稀でしょう。

また、小型 PC ということで当然 M.2 SSD を搭載しています。
この SSD が PCIe 接続の NVMe M.2 SSD であり、非常に高速な読み書きが期待できます。
起動やファイルの読込が早いのは快適な作業にかなり重要なインパクトがあります!

SSD の容量は 256GB と多くはないので必要なら増設すると良いです。
2.5インチの SSD (HDD) の拡張ができる & 接続用の専用ケーブルが付属するらしいです!小型なのにこれは嬉しい拡張性です。

※ CHUWI には CoreBox という従来モデルもありますが、こちらはスペックが心もとないです。
 Core i5 だし Amazon で買えるけど、個人的には CoreBox Pro が圧倒的にオススメ!

Windows搭載でも価格が安い!2020/11/25までは$399で買えます!

CoreBox Pro は $439 (2020/11/25 まで限定で -$40) という低価格で上記スペック搭載ですが、ちゃんと Windows 10 Home が搭載されています。
DeskMini などで Windows 10 Home を使いたいとなると約15,000円 ($130 くらい) かかるのである程度のスペックを求めるととても5万円以下とはいきません。

スペックや筐体デザインを考えるとかなりお買い得感のある価格設定です。

豊富なインターフェイスを備える!有線LANが2ポートありサーバとしても使える!

インターフェイスには USB3.0 を4ポート、HDMI に DisplayPort と十分に用意されています。
Thuderbolt 3 もあります。USB Type-C としても使えるかは分かりませんが。。。

CHUWI – CoreBox Pro

そして!最大の注目ポイントが有線 LAN 端子が2つもあるということです!しかも Wi-Fi 6 も搭載しています。

これの何がいいの?と思われるかもしれませんが、この仕様だと Linux などをインストールしてルータとして使用したり NAS を構築したり、メディアサーバにしたりと用途が無限に広がります!

CoreBox Pro は Linux の搭載もサポートしているのでこういった使い方を想定されていると考えられます。

購入方法は公式ネットショップから!

最後に購入方法です。

中国メーカですが、サイトは全て英語で作られていて自動翻訳で日本語表示もできます!
そんなに困らず購入まで進めると思います。

上記ページから “Add Cart” してカートから “Checkout” を選べば決済画面に進めます。

決済方法はPayPalを選ぼう!買い手保護があるので安心!

決済方法は PayPal 決済とクレジットカード決済のどちらかが選べます。
ここは迷わず PayPal 一択です!!

PayPal 決済のいいところは、エクスプレスチェックアウトを選ぶと住所や名前などが自動入力できるだけでなく、買い手保護というものがあることです!

PayPal の買い手保護とは、商品が届かなかったりした場合に PayPal が決済金額を全額返金してくれます。
これがあれば海外から個人輸入でも商品が届かないというトラブルのリスクを回避できます!

他にもクレジットカード情報が購入店に漏れないことも安心感があります。
※ PayPal は創業20年以上の決済代行サービスの超老舗で世界的なシェアも圧倒的です。

発送がなかなかされない場合はサポートにメール連絡しましょう

中国メーカなのであまり急いでも意味はないですが、たまに発送を忘れることがあるので1週間以上発送連絡がなければ連絡してみると良いです。
ページ上にはアジア圏は標準で3~4日でお届けってありますので参考まで。

注文すると DHL のトラッキング番号がわりとすぐに発行されるので定期的にチェックすると良いです。私の場合は決済完了後4時間くらいで登録されました。
以下のように “Shipment not yet picked up by DHL” は伝票番号だけ発行された状態です。

ここから1週間変化がなかったのでサポートに以下のような連絡をしてみました。英語でOKです。
注文完了メールに返信すればサポートが確認してくれます。

Hi,
I have a question. I would be grateful if you could check the content and get an answer.

The following item ordered about a week ago have not been shipped yet.
Did I have any problems with my payment or another?

If I have any problems, please let me know how to fix them.

The tracking information of DHL has not changed from “Shipment not yet picked up by DHL”.

Regards,
Daisuke Yamamoto

このメールを送った時間が良かったのか12分後に返信が来ました。はやい。

This product is not available before and will be shipped today

store@chuwi.com からの返信メール

「準備できてなかったけど、今日送るぜ!」という蕎麦屋の出前みたいなお返事をいただきました。(笑)
真偽はともかく、すぐに発送されるみたいで安心します。

実際に DHL のトラッキング情報はその日のうちに受け取りしたよ!に変わりました。ありがたい。

そして、現在に至ります。
今は名古屋の通関をパスしたところです。もうすぐなので待ち遠しいです。

まとめ

以上、CHUWI の CoreBox Pro を購入したよ!という報告でした。

届いたらまた記事にまとめますね。

(2021/03/28 追記)
ようやくレビューしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください