SONY α7R IV を購入しました!

少し前に a7R4 が欲しいなぁという記事を書きました。夏のキャッシュバックキャンペーンで5万円返ってくるということで思い切って購入しました!

上記記事では、a7R4A ではなく、マイナーチェンジ前の a7R4 でいいと書きましたが、マイナーチェンジ前の A なしモデルはキャッシュバックキャンペーンの対象外だったのでマイナーチェンジ後の A 付きモデルを購入しました。

まだ、使い始めて間もないのでレビューとかではないです。外観写真や触った感想をまとめます。

α7R IV の外観

ILCE-6300, 60mm, f/11, 1/160sec, ISO100 | Photo by YAMAMOTO DAISUKE
左正面
ILCE-6300, 60mm, f/11, 1/160sec, ISO100 | Photo by YAMAMOTO DAISUKE
右正面

レンズに SEL85F18 を装着して撮影してみました。バランスがやはりいいですね!

思ったよりもグリップがゴツくてちょっとまだ慣れませんが、重いレンズを付けても持ちやすいと評判ですので楽しみです。

ILCE-6300, 60mm, f/8, 1/160sec, ISO100 | Photo by YAMAMOTO DAISUKE
マウント外周のオレンジの装飾がカッコいい……!

レンズマウント外周のオレンジ色のアクセントがかっこいいです。

ILCE-6300, 60mm, f/8, 1/160sec, ISO100 | Photo by YAMAMOTO DAISUKE
真正面
ILCE-6300, 60mm, f/8, 1/160sec, ISO100 | Photo by YAMAMOTO DAISUKE
背面

真正面から見るとセンサー部分の開口がマウントの大きさギリギリですね!
また、シャッター幕が下りた状態で電源が切れるみたいでレンズ交換時にセンサーが露出しないのは助かります。a6300 では、購入後しばらくして早々に傷をつけてしまいました……( ノД`)シクシク

センサーの掃除のためにどこかの設定でシャッター幕が開いた状態で電源を切れると思うのですが、まだそこまでいけていないのでセンサーはまたの機会に。

背面は、ボタンが豊富にあります。液晶はチルト式です。

液晶は、a7R4 (A なしのマイナーチェンジ前) が144万画素で、a7R4A (マイナーチェンジ後) が236万画素です。これまで使用していた a6400 が92万画素です。
あまり期待していなかったのですが、液晶の見やすさが a6300 と比べて段違いにいいです!表示が精細なこともありますが、なにより動きがヌルヌルしています。

7月の炎天下でも液晶が見にくくなることもなく、明るさも十二分にあります。(明るさは、屋外晴天モードというものもありますが、とりあえずマニュアルで真ん中くらい)

EVF は、ちょっと驚くほど精細で滑らかに動きます。a6300 と比べると天と地ほどの差がありました!!
ピントの山が見やすいことはもちろんですが、レンズの粗も見えてきました……これは重たくてデカいレンズが欲しくなるわけですね……!

ILCE-6300, 60mm, f/8, 1/160sec, ISO100 | Photo by YAMAMOTO DAISUKE
ボディ上面
ILCE-6300, 60mm, f/8, 1/160sec, ISO100 | Photo by YAMAMOTO DAISUKE
デュアルカードスロット

ボディ上面にはモードダイヤルの他にカスタムダイヤル (グリップ前側を含めると2個) や露出ダイヤルがあります。

モードや露出ダイヤルは、間違えて回ってしまわないようにロックが付いていて、中心のロック解除ボタンを押しながらじゃないと回りません。
はじめ回らないかと思って危うく壊すところでした(笑)

カードスロットは、SD カードのデュアルスロットです。
今はやりの CFexpress カードではないので書込速度は速くありません。CFe カードはお値段が張るので、これはこれで助かりますね~。

ILCE-6300, 60mm, f/8, 1/160sec, ISO100 | Photo by YAMAMOTO DAISUKE
ILCE-6300, 60mm, f/8, 1/160sec, ISO100 | Photo by YAMAMOTO DAISUKE

SD スロットの反対側には、各種の外部機器との接続端子がずらっとあります。
ケーブルプロテクターが付属しています。

個人的に、USB type-C の端子が付いたのは歓迎したいです。向きを気にしなくてもいいですし、今や USB type-C のケーブルはどこにでも山ほどあります。

α6300 を撮ってみた

a7R4 の外観を撮るついでに、今まで使ってきた a6300 も撮影しました。
まだまだ、現役で使えますし画質も悪くないのでこれからも使っていこうと思っています!

ILCE-7RM4A, 85mm, f/11, 1/250sec, ISO100
ILCE-7RM4A, 85mm, f/11, 1/250sec, ISO100

やはりこう見るとコンパクトで突起の少ないボディは持ち運びに最適です。
各部に傷や汚れがありますが、総金属筐体でモノはとてもしっかりしています。(5年以上使っています)

LAOWA 9mm F2.8 Zero-D みたいなコンパクトなレンズと相性いいですね!
SONY SELP18105G とかだとやはりレンズがとても大きくレンズに本体がくっ付いているみたいな感覚です。

マウントに対してセンサーは小ぶりです。a7R4 などのフルサイズ機と比べると全然余裕があります。
単焦点レンズをメインで使っているので、マウント部は傷だらけです。

ILCE-7RM4A, 85mm, f/11, 1/250sec, ISO100
ILCE-7RM4A, 85mm, f/11, 1/250sec, ISO100

カメラの上面には、モードダイヤルとカスタムホイール、内蔵フラッシュ (a7R4 にはありません) があります。とてもシンプルです。
この小ぶりなグリップや平面的なデザインが、持ち運びにはなかなか良くて a6300 もとてもいいデザインです。

モードダイヤルはロックがなく、簡単に回ってしまうのでたまにモードが変わってしまったりしました。

角部は、落としたりこすれたりで塗装が剥げてしまっています。しかし、マグネシウム合金製の筐体なので変形やガタツキも一切なくまだまだ使えそうです。頼もしい……!

まとめ

以上、SONY α7R IV (ILCE-7RM4A) を買った報告と簡単な外観紹介した。

もう少し使ったらレビューしてみたいと思います!

ILCE-6300, 60mm, f/8, 1/160sec, ISO100 | Photo by YAMAMOTO DAISUKE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください