簡易撮影環境でブツ撮りテストを行いました (使用機材:a6300, SEL85F18, TT600, X1T)

先日準備した簡易的な撮影環境でブツ撮りのテストをしたので結果を投稿します。

初めてだったので難しかったです。
それでもそれっぽいものは撮れそうだということが分かりました。

今回は、取れた写真と設定だけを以下に示します。
改善点は多々あると思いますが、それっぽい写真に仕上がったのではないでしょうか?

撮影環境とストロボの紹介は以下の記事を参考にして下さい。

急須で淹れたお茶のイメージ写真

<機材・設定>

カメラ Sony α6300
レンズ Sony SEL85F18
ストロボ Godox Thinklite TT600s
無線コントローラ Godox X1T-s
絞り, シャッター速度, 感度 f/8.0, 1/160sec, ISO100
ストロボ光量 1/8 + 0.3 (60x60cm ソフトボックス有り)

<反省点>
・ピント位置が若干奥過ぎる (湯飲みの真ん中で合わせたけど、手前の縁辺りが良さそう)
・急須と奥のお皿が変に重なっていて、湯飲みと急須の間に違和感がある

上の空白に文字を入れることを考えた場合

<機材・設定>

カメラ Sony α6300
レンズ Sony SEL85F18
ストロボ Godox Thinklite TT600s
無線コントローラ Godox X1T-s
絞り, シャッター速度, 感度 f/5.6, 1/160sec, ISO100
ストロボ光量 1/16 (60x60cm ソフトボックス有り)

<反省点>
・急須の右側の露出が低すぎる (もっと大きなレフ板で露出を持ち上げた方が良さそう)
・湯飲みの模様の向きがおかしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください