TAMRONがミラーレス用の大口径標準ズーム28-75/F2.8を発表!【Eマウント】

TAMRONがEマウント用に大口径f/2.8通しの標準ズームレンズを発表しました!
なかなか良さそうなレンズになっていますね♪

取り急ぎスペックを確認してみましょう。

(4/28追記) 5/24発売が発表されました!価格は初値で8.5万円です。 ⇒ 価格.com


仕様まとめ

TAMRONのプレスリリースより仕様をまとめました。

参考 : TAMRON プレスリリース – こだわりの描写性能と小型・軽量ボディを実現した28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) を開発

発売時期は未定ですが、2018年の中頃だそうです。 ⇒ 4/27(金)に発売が発表されました!発売日は5/24(木)です!

TAMRON – Model A036 商品紹介ページ

項目 仕様
製品名 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)
対応マウント SONY Eマウント
イメージサークル フルサイズ対応
焦点距離 28-75mm
開放F値 f/2.8 @28-75mm全域
最小F値 f/22 @28-75mm全域
最短撮影距離 広角端:0.19m , 望遠側:0.39m
最大撮影倍率 広角端:0.34倍 (1:2.9) , 望遠側:0.25倍 (1:4.0)
重量 550g
サイズ 全長:117.8mm , 太さ:最大Φ73mm

特徴

では、特徴を確認してみます。

TAMRON初のフルサイズミラーレスに対応!

まずは、TAMRONとしてフルサイズのミラーレス (現状SONYのα7/9シリーズだけ) に対応したレンズを開発したということです。
ミラーレスはフランジバックが短いので、TAMRONがフランジバックの短さを利用した設計をしてきたと考えるのが妥当でしょう。

これにより設計の自由度が高くなるので、何かしらの性能が上がることが期待できますね。
※一眼レフはミラーがあるのでフランジバックを短くできないが、ミラーレスはミラーが無いので一眼レフではミラーがある位置を “ただの筒” にするでも “レンズを置く” こともできて、設計の自由度が高くなる

これからどんどんフルサイズ対応のミラーレス用レンズが開発されると思うとワクワクしますね!

小型・軽量!重量はGMレンズの約2/3以下!

全長117.8mm、重量550g と小型・軽量で仕上げてくるあたりがユーザーの声を良く拾ってくれていて、さすがTAMRONといった感じですね。
太さは分かりませんが、写真の通りならΦ80mmくらいに見えます。

SONY純正のGMレンズ (SEL2470GM) が全長136mm、重量886g から考えると驚異的です。
GMレンズは光学性能に一切の妥協をしていないレンズだと思うのでそれはそれでブレていなくて好きな姿勢ですが、持ち歩くには重すぎる気もします。

広角端で0.19mまで寄れる!

広角端の28mmで0.19mまで寄れるとは凄いです。
レンズフードを付けたら殆ど被写体に接触するほどではないでしょうか?
(190mm-117.8mm-約20mm=約50mm)

広角でここまで寄ったらかなりダイナミックなパースの効いた画が撮れそうです。

室内でのテーブルフォトにも嬉しい仕様ですね。

フランジバックの短いミラーレス用に開発されたのでその恩恵かもしれません♪

静かで高速なAFとDMFが使える!

AFには “RXD” (Rapid eXtra-silent stepping Drive) という高速で静寂に駆動することが可能なステッピングモータを採用しているようです。

スチル撮影でのAFだけでなく、動画の際にも静かなフォーカスで快適そうです。

また、SONYユーザーにはおなじみのDMFが使えます。
これを使えば細かなピント合わせが、AF/MF切替不要で対応できます。

外観がシンプルでカッコいい!更に防塵防滴!

外観はシンプルでカッコよく仕上がっています。

ギラギラしたロゴや飾りがないだけでかなり良いと思います。

更に防汚コートされており、簡易ながら防塵防滴仕様なので、野外の撮影にも適しています。

残念なところ

これはそれほど無さそうですが、1点気になりました。

それは、型番から察するに手振れ補正がありません。
(手振れ補正ありなら型番に “VC” が入ります)

α7II/α9系はボディ内手振れ補正があるのですが、TAMRONお得意の強力な手振れ補正があるとより動画撮影などでもっと力を発揮しそうなのに・・・と少し残念です。
また、APS-Cのα6000やα6300は無いのであったら裾野が広がるように思います。
(小型・軽量化・画質が優先なのは分かっていますが)

まとめ

以上、簡単にTAMRON新レンズについてまとめてみました。

SONYのEマウント用のフルサイズ対応レンズは、まだまだサードパーティが少ない (というか殆どない) のでこれからどんどん加速していくと面白そうです。
SIGMAも今年はEマウントのフルサイズのラインナップを予定しているそうなので期待が持てる一年になりました。

今後も最新情報があれば更新・投稿していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください